Q & A
よくある質問をあげてみました!

 

Q:身体均整法とは?

A:
あらゆる身体の不調(肩こり、腰痛はもちろん生理痛、めまいなど)は身体の姿勢のアンバランスが原因ととらえ、
筋肉や骨格、神経反射や経絡など様々な方法を駆使して身体の歪みを取り、身体の不調を解除する手技です。

Q:どんなことをするのですか?

A:
具体的に言うと、手首、足首をまわしたり、押したり引いたり、揺すったり、叩いたり(痛くないですよ。)擦ったり、圧したり、、、。つまり他動的に身体を運動させることになります。あらゆる手段の刺激方法を駆使します。


Q:痛いんですか?

A:
基本的に痛くないです。痛みを感じると、筋肉が緊張して硬くなります。すると、せっかくの刺激が効かせたい場所に届かなくなります。身体がリラックスすることによってあらゆる刺激を吸収するのです。もちろん「イタキモ」(痛いけど、気持ちいい)という感覚はあることがありますが、、、。

Q:時間はどのくらいかかるのですか?

A:
だいたい45分から50分くらいです。人によって違います。長い時間やってもらったほうがトクしたような気になってしまうのですが、過刺激になるとせっかくの調整も台無しになってしまうことがあります。「過ぎたるは、及ばざるがごとし」ですね。ちなみにベテランの先生方は20分くらいで調整してしまいます。私はまだまだ、力及ばず、、、です。はやく的確に短時間で調整できるようになりたい限りです。


★なぜ身体がゆがんでしまうの?

 

日常生活のうえで、職場や家庭での環境によって、ついつい同じ姿勢をとってしまいます。

たとえばパソコンの位置が右にあったり、上司が左に座っていたり…。また家庭ではTVの位置が右にあったり、食卓には定位置があったりして…。

その無意識的な姿勢によって、いつも緊張を強いられている(つまり硬くなってる)筋肉と、いつもゆるんでいる(つまり力がない)が出来てしまい、その筋肉の力のアンバランスが骨格に影響し、身体が歪んでしまいます。

 

それだけではなく、利き手や利き目があるので、それにも大きく影響を受けます。無意識に脚を組んだり、横座りしたり、頬杖をついたり、はたまた同じ側の歯ばかりで噛んでいたり…いろんな原因で筋肉のアンバランスが生じてしまうのです。

 

★内臓の疲れとどう関係があるの?

筋肉のバランスがくずれ、肩こり、腰痛、膝痛などの原因になるのはわかる気がしますが、なぜ胃の不調や肝臓の疲れが身体のゆがみと関係があるのでしょうか?

 

私たちはお腹が痛いときに前かがみになってお腹の痛みを和らげようとしますね。内臓は抑圧されると楽に感じる特徴があります。つまり無意識に弱い、疲れた内臓をカバーしようと、身体がその姿勢をとってしまうのです。そこから私たち均整師は内臓の疲れを読み取ります。

逆に姿勢の悪さから内臓に悪影響を及ぼすこともあります。姿勢と内臓はお互いに影響しあっているんですね。

 

★「骨盤が開く」とは?

巷でよく、「骨盤が開く」といけないと耳にします。

骨盤が「開く」とはどういうことでしょうか?

あの硬い骨盤が果たして開いたり、閉じたりするのでしょうか?

実は女性は出産のとき、ほんの数ミリ、仙腸関節と言うところが動くだけで、骨盤の関節が「開いたり」「閉じたり」はしません。

骨盤が「開く」状態はつまり、骨盤が「後傾」していることを意味します。お年寄りの姿勢を見てください。おしりの下の方、つまり股関節に近い方が腰の位置より前に出ています。この場合、正面から見ると骨盤の幅が広く見えます。これを骨盤が「開く」と表現するのです。

逆にプリッとした前傾した骨盤は、前から見ると小さく見えます。

 

★「骨盤が開く」となぜ悪い?

見た目の美しさが損なわれるだけではく、いろんな意味で困ったことが起こります。

まず内臓下垂により内臓が本来の働きが出来にくくなり、内臓の動きが悪くなり、基礎代謝も下がります。血流も悪くなり痩せにくくなります。

また脚の外側に重心がかかり、O脚になり、膝痛を起こしやすくなります。骨盤底筋も弱くなりますので尿漏れなどの心配も出てきます。猫背になる原因でもありますし、それにより肩こり、首こり、腰痛、股関節痛などの原因となります。

 

★「骨盤を整える」とは?

骨盤をその人にあった最適の状態にするには、身体全体のバランスがとても重要になります。人の身体の中で骨盤は上体と下肢に影響する大きな関節の集まりであり、沢山の筋肉に影響を及ぼします。

また身体均整法では骨盤と頭蓋骨は相関関係があるとみなしています。骨盤を整えると、頭や顔のゆがみも整ってくるのです。

 

身体均整法では、身体のゆがみをとることにより、身体本来の機能を活性化し、元気な毎日を送れるようお手伝いをさせていただいております。