Homeリンク

田中菜穂実


岡山県倉敷市出身。

日本大学芸術学部卒業後、N.Y.のAlvin Ailey American Dance Centerへ留学。帰国後、ダンス生活を通して、身体均整法と出会う。

身体均整法学園で均整法を学ぶ。

身体均整法学園付属均整センター指導員、身体均整法学園講師




田中周作(猫です)



東京キャットガーディアン出身。

たなか身体均整院の看板猫。お客様が大好きです。
猫アレルギーの方、猫が苦手な方、事前にお知らせくださいませ。

 

「身体均整法」との出会いは、、、

そうです。ご想像の通りです。よくあるパターンです。ダンスをしていると(ましてやダンサーとして恵まれない体型を持つ身としては)よくアキレス腱がいたくなったり、腰を痛めたりするので、そのたびに友人たちに「どこかいいところはない?」と訊いて鍼灸やら整体やらカイロプラクティックスやら、PNF法やらに通っていました。しかし、お金のない人間がそういうところへ行かねばならないというのは、かなりせっぱつまった状態ですよね。その時も、お金をケチったため、2年近く、深刻な坐骨神経痛に悩まされてしまうようになりました。ついに不安のどん底に追われ、友人の紹介で行ったのが均整の先生のところだったのです。70代の女性の先生で、その先生はなぜか私の顔を見るたびに均整を勉強することを薦めるのですが、実際、疑問に思いこそすれ、ダンサーの動きを科学したことなんて全くなかったし、ましてや骨や筋肉の名前だって知りませんでした。

先生のサブリミナル戦法とでもいうのでしょうか?そのうち均整の学校の入学案内書を先生からいただき、入学してしまいました。

坐骨神経痛の方ですが、うそのように消え、ついでに深刻な顎関節症の痛みも消えていました。実は坐骨神経痛の方が心配で顎関節症は二の次だったので(顎が痛くても踊れるもんね)、あくびも出来なかったというのに気にもとめていなかったのです。

均整を勉強することになり、骨盤(恥骨)と顎が関係しているのを知り納得したのは、随分後のことです。

身体とは、不思議な世界だとつくづく実感いたしました。

そんな不思議な世界で何かを表現しようとするダンサーは、やはりある程度、自分の世界を知っていた方がいいように思えます。地図を持って旅をした方が、はるかに目的地にたどり着く時間がかかりませんものね。